大好きなパン作りと息子、レイトバスとの日常を綴ってます。
自分らしく、自分サイズの生活を...
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

久しぶりにサンドイッチ
昨日の山食で久しぶりにサンドイッチ。
キメ細かく仕上がった山食はトーストせずにサンドイッチで食べたい!!



息子は定番のタマゴ。
わたしは新玉葱入りのポテトサラダ。
断面にウィンナー偏りすぎで、ポテトサラダじゃなくなってるけど。


食欲も出てきて、朝食をしっかり食べれるようになってきた。
と同時に、パン焼き生活も復活できそうな予感。






↓ランキングに参加しています



にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ 

JUGEMテーマ:手作りパン
 
超〇風角食でサンドイッチ
前回の角食のリベンジをさっそくしてみた。
ホイロ過多でカックカクだったからね。
そして、しっとり感が少ないな~と思っていたので、
パスコの超熟に入っている米粉を入れてみた。


ホワイトラインも出て、いい感じに焼けた~

仕込水:水と豆乳半々で65%
粉:キタノオリ、米粉
酵母:ホシノ丹沢8%
バター7%、塩、三温糖

クラムはこんな感じ↓


写真を撮った時間帯が早朝だったから光が足りない!?
なんか実際のクラムより色が暗い…。
実際はもっと白かった。

そして、キメはわたしの技量不足ですな(-.-)
山食と捏ね方を変えているんだけれど、山食の捏ねに慣れているからついついそれでやってしまう。



まずはそのまま食べてみる。
うん!おいしい!
前回よりもっちり感がUPした。
詰まってるもっちり感じゃなくて、ふわふわ食感のあとにくるもっちり。
うーん。自画自賛だけれどこれはおいしいわ。

旦那も息子にも好評で1斤がなくなる勢いで食べる!!
ちょ、ちょっと待ってと冷凍庫にあるパンを食べてもらう(笑)



おいしくできた角食は焼かずにサンドにするのがおいしい食べ方と思っている私。
2日目もおいしいかなぁ~と試したかったのだ。

冷蔵庫に残ってた卵とツナでサンドイッチ。
2日目もしっとりが長持ちしてました。




↓ランキングに参加しています



にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ 
JUGEMテーマ:手作りパン
 
続・はるゆたか山食とBLTサンド
思いのほかはるゆたかに振り回されてきた感じはするけど、
とりあえず、安定して焼けるようになってきたのでまとめ。
長文になりますが、あしからず。



のまえに、ようやく納得したはるゆたか山を使ってサンドイッチ。
はるゆたか山は焼かずにそのままがおいしい。



冷蔵庫にちょうどあったのでBLTサンド。
具は控えめに。
マスタードマヨを両面に塗って、
ベーコン、レタス、トマトを挟んだ。

自分で言うのもなんだが、ん~これはおいしい
息子もペロリと1枚食べた。
その数時間後、再び食べたい!!と言いだし、
ペロリと1枚



そんな納得のいけた山がこちら↓



キメの細かさがこのはるゆたかの特徴だと思う。
他の粉ではこのキメに出会えない!!

こんなことやってみた



なが~く伸びるクラムが見えますか?


TOP:13.8cm 窯伸び:1.7cm

仕込水:水+豆乳= 65%(酵母ぶん含む)
粉:はるゆたか
酵母:ホップ液種20%


じつはこれ、前回のはるゆたか山よりも高さは出ていません。
でも、おいしかった。
クラムを見てもらうとわかるけれど、今回のほうがキメが細かい
捏ね方をちょっと変えてみた。

いつもは高加水のバンバン叩く捏ね方が中心。
叩くことで生地温度が下がるからね!

今回は台にこすりつける捏ね方重視でやってみた。
これくらいに薄く延びたら、捏ねあがり♪


でもこの捏ね方だと摩擦熱でどうしても生地温度が高くなる。


だから、捏ねあげたばかりのものをすぐに冷蔵庫に入れて、
生地が22℃になったら(私の場合だと1時間ぐらい)、室温に放置して1次発酵。


生地温が下がっているから、ゆっくり発酵が進むのかな~って。



これはちょっと発酵させすぎた
テープの印は、前回窯伸びしてくれたときのもの。
テープ下ぐらいが目安なんだろうな~
ちなみに1.9Lのボウル使用しています。



おまけ

これはずいぶん発酵させてしまったときのもの。
クラムの感じが↑のものと違う…。
高さも出なかったしね。
若干、色づきも薄い。



過発酵、ちょくちょくやってしまいます
これからどんどん暑くなっていくからねー


まとめ

今年のはるゆたかの場合は…
・加水低めにする。
・捏ねあげ温度に気をつける。(←ダレやすいから)
・発酵は抑えめ。

ってことかしら?
これでまとまってるのか?
うーん…
まっ、いっか


乱文・長文におつきあいくださりありがとうございました



↓ランキングに参加しています



にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

JUGEMテーマ:手作りパン
 
角食でロールサンド♪
パーティーやピクニックにロールサンドはいかがですか?
手が汚れずに食べれるし、一口サイズなのでいろんな種類をいくつも食べれますよ♪


ラップをひいた上に、サンドイッチ用のパンを置きます。
お好みの具を挟んで、くるくるっと巻いて出来上がりです。
このとき、
・あまり具を入れすぎないこと
・巻き終わり1cmには具を置かないこと
に気をつければ、きれいに巻けると思います。


写真は、王道の?卵&ハム&キュウリを挟みました。
きゅうりなど水分を含む具には、パンにバターを塗ってくださいね!
他にもホイップ&ジャムで色を楽しむのもパーティー向けになりそうです!!




児童館で開かれている親子英語に持っていった弁当。
昨日作ったイチゴ大福も無理やり詰めていった(笑)
英語よりもお弁当の時間を楽しみにしている息子。
蓋を開けたら、大喜び
ほんとにロールサンドはウケがいいです



そして、わたしはパンブログをやっているのでサンドイッチのパンも焼きました〜
久しぶりの角食。


1次発酵を取りすぎたため、色づきが薄かった。(以前焼いた角食)
パンってほんと正直だわ〜

粉:キタノカオリ 酵母:ホシノ丹フラ
加水68%(水+豆乳)

キタノカオリを使用しているので、クラムはやさしいきみがかった色♪

焼成時間にちょっと工夫をしているのですが、そのおかげでクラムはふんわり~
サンドイッチ用にもってこいです
ただ、この方法はまだ開発途中で...
今回もまた型離れしにくかったんです
要研究だな


↓ランキングに参加しています



にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

JUGEMテーマ:手作りパン
 
塩鶏と新玉ねぎのサラダサンドとイベント
ようやく風邪も治りました~
久しぶりに38℃の熱は絶対インフルだ!!
と思ったのですが、今回もインフルではなくただの風邪でした。
心配して下さった方々、ありがとうございました

今回はカーっと熱があがって、風邪菌と体が戦ったからなのでしょうか。
スッキリ治った感じです
でもまだ無理は禁物でしょうね...。
薬も飲みきって下さいと言われたし


今日のサンドはちょっとビタミンカラー


作ってあった塩鶏をゆずドレッシングでマリネした新玉ねぎや水菜を挟んだサンドイッチを作ってみました~
これではあっさりしすぎなので、ゆで卵でコクをプラス。



いつもはコーヒーを飲んでますが、今朝はそんな気分ではなかったので、
ショウガ入りのはちみつレモンを濃いめにチョイス。
レモンも浮かべてみました~


サンドイッチはいつもなら↑の量をペロリと食べちゃうんですが、
胃袋が小さくなったのか半分でギブアップ
その代わりにショウガ入りはちみつレモンをおかわりです。
風邪をひいている間はさっぱりしたものや水分を欲するのでしょうね。
風邪で寝ている間、何杯飲んだことでしょう。
作っておいてよかった


そして、今朝のサンドイッチのパンですが、
何とあろうことか熱でフラフラしながら焼いたものなのです
というのも、発熱する前に捏ねていて...
分割してベンチタイムしては、ベッドで横になり、
成形してはベッドで横になり、
オーブンの予熱を入れては横になり...
と、旦那が鍋を作りながらその横でやってたんです
もちろん叱られましたよ

でもパンへの熱意を知っている旦那なので、もう言ってもダメという感じで隣で呆れてました。


そして、さあ、ホイロも完了!!
いざオーブンへ入れよう!!
としたら、な、なんと!!


ブロッコリー!?


フラフラの頭では思考回路も停止してまして...
ピタッと止まっている私に、ようやく旦那が声をかけてくれて、
状況を把握する次第。

朝食べようと電子レンジに入れていたブロッコリーが忘れ去られていて、
さらに天板を入れ忘れてたんですね

旦那がいたからよかったものの、一人だったらやけどとかしてたかもしれないですね。
風邪のときは横になっとけ!!
ってことです。

そんなときに焼いた山食がこちら↓(翌日に写真撮ってます)


おおっ!!窯伸びしてるではないかー
と喜んだのもつかの間。



裏っ!!伸びてないではないかっ!!
かなり偏りがあったみたいですね。
カットしてみると、ねっ。

TOP:14.8cm 窯伸び:3.8cm

でもまあ、味がおいしいからいいんです。
窯伸びもいつになくしてくれたしね♪
今回もキタノカオリ100%、ホシノ丹フラ仕込み。
吸水は増やすのを忘れてた
ということで、加水65%(酵母含まず)

最後に風邪のときに焼いたらこうなるよ!の図。



=結論=

風邪のときは、パン焼きを控える!!



長文におつきあい下さりありがとうございました
イベントのことも書こうかと思ってましたが、また次回にします。


↓ランキングに参加しています



にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

JUGEMテーマ:手作りパン
 
豆乳山食で春色たっぷり菜の花サンド
昨日はいつものスーパーでおいしそうな菜の花が売っていました。
まだまだ寒いけれど、気持ちだけは春気分を♪
と、作ってみました。

菜の花のサンドイッチです。


菜の花の鮮やかな緑と卵の黄色にトマト&ハムの赤。
これを見て、早朝から出勤していく旦那は活力を出してくれるだろうか?



欲をいえば、もう少し卵の層を厚めにすればきれいに色が出たかなぁ。



独特の苦みがある菜の花ですが、
少しの粒マスタードを絡めて、コクのある卵やハムと合わせれば、
不思議と調和するんです
自分で作っておいて何だが、これはおいしいぞ。
もう少し暖かくなったら、このサンドを持って、ピクニックにでも出かけよっかな




今回のサンドはめずらしくトーストしていません。
というのも、この山食豆乳で仕込んでみたところ、すごくしっとりしていて、
ふわふわで、トーストしないほうが合いそうだったから
やっぱりおいしくて、再び自画自賛




そんな豆乳仕込みの山食がこちら。


TOP:14.0cm 窯伸び:2.0cm

いつもながらなだらか〜な山となってますが、程よく窯伸びもして、香りもいい♪

粉:はるゆたか、酵母:ホシノ丹フラ、加水:水+豆乳 65% (酵母ぶん含まず)




ホイロを気持ち短めにとったら、クラムのきめも細かくなったような?
でも、いつもの穴はあるんですが…


豆乳も残りわずか。
じかに豆乳を飲めない私にとってはパンに使用するのみなのだけれど、
豆乳仕込みのパンいいかも
とまた買ってくる気満々なのです


そんなわたしに応援よろしくおねがいします



にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

JUGEMテーマ:手作りパン



昨夜は菜の花のサラダも作ってみました


葉野菜と同じようにゆでた菜の花と一緒に、
カニカマや炒り卵、にんじんを加えてマヨネーズ和えにしてます。
息子は苦味を感じて食べてはくれなかったんですが



食卓がカラフルになるのがうれしい一品ですよ〜



 
ミアズブレッドのタルタルソースで朝のサンドと太白ごま山食
この忙しいのに、先日届いたブラウンマルチクイックを使いたくてたまらない病状が発生中。
前からどーしても作りたかったものがコレ↓



タルタルソース

レシピは森田美和さんの「ミアズブレッドのパンづくりとおいしい食べ方」より


自家製マヨネーズも作ってみたかったけれど、
サンドをよく消費する我が家では、もしかしたらタルタルソースのほうが出番があるぐらい。
本の中では、りんご酢を使っているのだかれど、
我が家にはりんご酢がない

なので、即席りんご酢もどき?
そのままりんごを入れてしまいました


オリーブオイル、卵黄、穀物酢、りんご1/8個、
塩少々にマスタード少々、ピクルスのみじん切り

を専用容器に入れて、マルチクイックをガァーと撹拌。
こんなに簡単に作れるなんて!!

どうなることかと思ったけれど、おいしい
そんな自家製タルタルソースで作ったサンドは、
久しぶりにBLTサンド!!





かるくトーストしたパンに、自家製タルタルソースを塗って、
B:ベーコン
L:レタス
T:トマト
はもちろん、キャベツの千切りにきゅうりのスライス、にんじんの千切り
を挟んでます。
野菜タップリ




他にも、王道の組み合わせ、アボガド&シュリンプも。
余り物のごま山食でサンドしたこちら↓



香ばしくて、サンドにすごくいい!!

そのごま山食はバター仕込みではなくて、太白ゴマ油仕込み。
あっさりしてる。
UPし忘れていたので、こちらで紹介。
続きに書いてあるので、おつきあいいただける方は、
その前にお願いします♪


↓ランキングに参加しています



にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
JUGEMテーマ:手作りパン
 
続きを読む >>
キノコ&春菊のサラダサンドとルヴァンのパン
先週は撃沈バゲを焼き、戦意喪失(笑)
というのは半分冗談で、たくさんパンを購入したためお店パンを楽しんでました。
ということで、ここ最近の朝食サンドをご紹介〜


ライ麦たっぷりのドイツパン、ドイツェ・ヴァイスハイトとバゲット・プラタヌにアボガドサラダを添えて



ボジョレーパーティーで食べた、
このサラダとドイツパンの組み合わせ、とても気に入ってしまったんです。
この日はみじん切りのたまねぎが入ってます。
そのかわりというか、にんにく抜いています。
前日の夜に仕込んでおくと、ナリネ液がなじんでおいしいです♪



あと、山形の洋ナシをいただいたので、それと一緒に。
息子は、「このりんご変な味がするー」
と食べてくれませんでした。
甘くておいしいのに...。
かくいうわたしも、小さいころは洋ナシを好んで食べた記憶がないけど(^^ゞ
大人になると、味覚は変わるもんですね〜


こちらは、パン・ド・ミと目玉焼きのシンプル朝食。


パン・ド・ミはサンドとかにするより、あつあつ焼き立てにバターをサッと塗って食べるのがおいしい。
バゲットのように、小麦の甘さを感じる、食感も楽しいおいしいパンでした。


こちらは贅沢に、レトロバゲットにパストラミビーフを挟んで。


おいしいバゲットはこんなボリューミーなバゲにしても、歯切れがいいから全然食べれる♪



こちらがキノコ&春菊のサラダサンド。

とあるパン屋さんのイングリッシュマフィンで挟んでます。
これはまた後ほど。

キノコ&春菊のサラダは「ミアズブレッドのサンドイッチのつくり方」から。
キノコとベーコンを炒めて、ハーブソルトやお酒、しょう油で合わせます。
あつあつのそれを、シャキッとさせた春菊と玉ねぎの上にかけて、
しんなりさせます。

これは、私のアレンジですが、
イングリッシュマフィンにナスのディップを塗って、挟んで完成♪

ベーコンの色味が写ってなくて残念
ですが、春菊の苦味がきのこの甘みとあいまって、なんともいえんおいしさ
ベーコンの塩味も効いててよかったです♪





↓ランキングに参加しています



にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ 

JUGEMテーマ:手作りパン
 
続きを読む >>
毎朝のいちじくジャムと今朝のサンド
いちじくに縁があるのか、母の実家と旦那の実家はいちじくを作っています。
なので、秋に入る頃になるとたくさんのいちじくに囲まれます。
でも、いちじくは日持ちがしないので、3人家族の我が家ではせいぜい食べれてもひとパック。
残りの○パックは全てジャムにしています。
なのに、併せていちじくジャムが送られてくることも。

今年は丁寧に断りましたが...。
義母は少し寂しそうでした
来年はパンや料理に活用できたらと思っています♪


いちじくは美容と健康にいいらしいですね!
便秘がちなわたしは、毎朝いちじくジャムがけヨーグルトが欠かせません。



きれいなピンク色は中強火でガァーと煮て、レモン汁を入れることで出ます。

我が家は大量に出来上がるので、煮沸した瓶に保存もするのですが、
半分は冷凍しちゃいます。
ラップにくるんで、空気を抜いて、保存袋に入れます。
そうすれば1年は持ちます。



こんないちじくジャムとともに、今朝のサンドはこちら。



ホシノ丹フラ山食に、マヨネーズを塗って、
レタス+トマト+きゅうり+たまごサラダを挟みました。
コンビニに売ってるようなサンドの具だな〜
でも、これがまたおいしい

余裕のある朝のメニューなのでした。

↓ランキングに参加しています



にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

JUGEMテーマ:手作りパン
 
栗原はるみさんに教わったゆで卵のポテトサラダでバゲサンド


新しいじゃがいもを手に入れたら作ろう!!
と思っていたポテトサラダ。
ようやく作りました。

栗原はるみさんの料理教室で教わったのは、ゆでだこ入りのポテトサラダでしたが、
息子が食べれないので、ベーコンに変更。
あとはにんじんとピーマンを追加して、あとは同じ作り方で。

感想としては、いつものよりおいしい!!
作った分が一晩でなくなりました。(じゃがいも大2個分!!)
旦那も息子も取り合いになるほど。
いつもとそれほど変わらないのに、工程をていねいに作るとこんなにおいしくなるものなんですね!!


このポテトサラダは、卵サラダを上にかける形になっています。
食べるときに混ぜ混ぜして食べてもいいし、
卵サラダを多めに作っておいて、
卵サンド&ポテトサンドと2種類のサンドを作ることもできたりします♪



*材料* 2人分

・じゃがいも・・・・・・大2個(300g)
・ベーコン・・・・・・・2枚
・きゅうり・・・・・・・・1/2本
・塩・・・・・・・・・・・・ひとつまみ
・玉ねぎ・・・・・・・・1/8個
・にんじん・・・・・・・3cmぶん
・ピーマン・・・・・・・1/2個
・顆粒コンソメ・・・・小さじ1/4
・マヨネーズ・・・・・大さじ4
・塩,こしょう・・・・・各少々

・ゆで卵・・・・・・・・2個
・マヨネーズ・・・・・大さじ1
・牛乳・・・・・・・・・・大さじ1/2
・塩,こしょう・・・・・各少々

*作り方*
1.じゃがいもは皮つきのままよく洗って、30分蒸す。
  熱いうちに布巾を使って皮をむき、
  粗くつぶしてコンソメをふり、下味をつける。
2.卵は冷蔵庫から出したてのものを水から12分ゆでる。
3・ベーコンはキッチンペーパーにくるみ、700Wで2分加熱する。
4.きゅうりは少し厚めの小口切りにして、塩を振ってしばらくおいてから水気を絞る。
5.玉ねぎは繊維を切るように薄切りにして水にさらし、水気を絞る。
6・にんじんは薄めのイチョウ切りにして、700Wで1分加熱する。
7.ピーマンは繊維を切るように千切りにする。
8.じゃがいもが冷めたら、3,4,5,6,7を加え、マヨネーズで和えて、
  塩,こしょうで味を整える。
9.ゆで卵は殻をむき、粗く刻む。
  ボウルにマヨネーズと牛乳を混ぜた中に入れ、塩,こしょうで味を整える。
10.ポテトサラダの上に、卵サラダを盛りつける。

ポテトサラダこそ、じゃがいもは新鮮なものを使って下さいとのことでした。
新鮮なものだとマヨネーズが少なくて済むそうです。



そのポテトサラダを昨日のバゲットにサンド。
バゲがちょっと失敗してたから、どうも食べにくい。
重いというか、噛み切りにくい。



シナノスイートという品種のりんごをもらいました。
このりんご、とっても大きくて、なのに甘い。
私は程よく酸味のあるサンふじが好きなのだけれど、息子がお気に入り♪
一人で半分を食べてました。



そうそう、NHK教育で今夜、栗原はるみさんが出演されている「プロフェッショナル」
やりますね♪
料理教室で、その時のエピソードを話されてて、「プロフェッショナル」ファンとしても見てみようと思っています。




にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

JUGEMテーマ:手作りパン