大好きなパン作りと息子、レイトバスとの日常を綴ってます。
自分らしく、自分サイズの生活を...
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

山食
しゅっさを
イギリスパンとご報告
出産予定日に焼いていたイギリスパン。
いつもとは違う配合で、ハードっぽく焼いてみた。


はるブレ@ホシノ丹沢、加水50%(酵母ぶん含まず)、塩、きび砂糖

加水をぐっと押さえて、油脂なしで焼き上げた。
の、割には釜のびしていい感じに焼けた♪


そしてご報告。


先週のことになりますが、無事女の子出産しました。
今は退院をして、赤ちゃん中心の生活です。
お腹が空いたぶん、お腹が減ってすごい食欲です(笑)

今はハード系パンを食べたくて仕方がない!!
早く自分で焼ける日を楽しみに、しっかり体力つけておきます。

ちなみに写真は入院中の食事。
すごい量なんです!

これを完食してたのだから、すごい食欲(笑)


↓ランキングに参加しています



にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

ドーピングなの?山食
HBが我が家に来てからというもの、かなりパン焼きがラクになった。
ということで、2日に1度は山食焼いてるかも。


そんなある日、いつものようにホシノで仕込もうとしたら半分ぐらいしか残っていない…。
次の日の朝食用パンがないので、ほんの少しイーストを加えてみました。
動物的カンが当たったのか、発酵温度や時間はいつもと同じような感じであがってきた。


そんなイースト入り山食がこちら↓


*memo*
仕込水:水+豆乳65%(酵母ぶん含まず)
粉:はるゆたかブレンド
酵母:ホシノ4%、 イーストちょっと
砂糖、バター6%、塩1.8%
焼成:140℃20分(うちスチーム10分)+210℃25分


得意の…過発酵をすることなく、窯伸びもグンとしてくれていい感じに焼きあがった。
キメもいつもより整っている模様。




さきほど、発酵温度や時間はいつもと同じような感じであがってきた。と書いたけれど、
それは1次発酵のみ。
ホイロは85分の時点で型上1.5cmはあって、急いでコールドスタート焼成した。


なんとなくだけれど、成形方法がホイロに影響してるのかなって、ここ最近思う。
加水が多いと、さらにこの梅雨で湿度が高いと、必然的にあまり丁寧に成形できない。
ここで言う「丁寧に」は生地にあまり触れないということであって、ガズ抜き麺棒もかけれないほどなので、
適当にパパっと俵型に成形。

そのほうがふわっとするのか、ホイロのあがり時間が早いような気がする。


肝心の味はというと、毎日食べてる旦那が、
「今日のはいつもと違っておいしい」と。

えっ!?違いがわかるの!?

とそこにビックリしてしまったのだけれど(笑)、食感が軽くなって確かにおいしかった。


好みの問題もあるけれど、もっちりを残したいときはいつものホシノオンリーで。
軽さを出したいときはイースト入れて。
わたしのパン焼きも幅が広がってくれそうな予感♪



↓ランキングに参加しています



にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

JUGEMテーマ:手作りパン
 
手割り山食のトースト
またまた甘酒酵母で山食焼いちゃいました。
前回焼いた山食()がすぐなくなってしまったので。


今回はゆめちからとブレンドしてみました。

そしてやってみたかった手割り。


すっごい弾力のある、グルテンしっかりな山食に仕上がりましたよv



お山もくっきり。



そして焼いた翌日の朝に、手割り面に発酵バターをのせてトースト。
いつものトーストと食感が違うから不思議!!というかおいしい(^u^)

旦那も
「おいしそうだな」
といって食べたそうでした。(手割り部分はわたしが食べちゃいました)



そして、旦那へのおもたせも復活いたしまして。
(気分次第なのですが…)

この日はタマゴ&レタス&きゅうり&ハムにマスタードマヨを塗った定番サンド。
ハム抜きでもよかったのだけれど、
旦那曰く肉系の具が入ってないと開けた瞬間ガックリしているんだそうです


わたしが一番好きなポテサラサンドは一番残念なんだとか(笑)


とまあ、リクエストがある限りなるだけ作ってあげたくなる性分。
パン消費がさらに加速中



↓ランキングに参加しています



にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

JUGEMテーマ:手作りパン


やっぱり酵母の山食
購入したホームベーカリーで何度か焼いた山食。
やっぱりイーストの香りがとても気になる…。
微量イーストでも挑戦してみたんだけれど、いまいち窯伸びせず。



クラムを見る限り、これはこれでおいしかったんだけれども。
(ちなみに粉量300gで仕込んでいます)



香りはいいんだけれど、ちと、重かったな。


つわりも軽くなってきて、気温が暖かくなってきて、少しやる気が湧いてきたようで。
久しぶりに自家製酵母を起こしてみた。

冬に起こしていた甘酒酵母。
ずーっと冷蔵庫に入っていてかまってもらえずだったけれども、
ようやく山食に変身いたしました♪

そんな久しぶりの酵母の山食がこちら↓



*memo*
仕込水:水+豆乳70%(酵母ぶん含む)
粉:南のめぐみ
酵母:甘酒酵母元種30%
砂糖、バター6%、塩1.8%
焼成:140℃20分(うちスチーム10分)+210℃25分

両面きれいに窯伸びしてくれて、なんともうれしい仕上がり♪
そして焼成中の香りが全然違いますな。
酵母のパンを知ってしまったら、覚えてしまった口はなかなか忘れられない!!



クラムもキメ細やかに仕上がってくれて、こんな時の息子の嗅覚はすごい!!
絶対手を出してくるぅ~
ペロッと1枚食べていました。


今回初めて南のめぐみというお粉を使ってみました。
甘酒酵母っていうのもあると思うけれど、クセがなくふわふわに仕上がりましたよ~


酵母が成功すると、気持ちも上がりますね(←単純)
ここ最近食欲が出てきたのが怖いのだけれど、楽しく妊婦のパン焼き生活を過ごせたらな♪



↓ランキングに参加しています



にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

JUGEMテーマ:手作りパン
 
報告と遅い今年初山
長らく更新できず、1月もはや過ぎようとしています。
時間の流れが速く感じるのは年のせいでしょうか(^^ゞ

そして報告があります。
じつは2人目を妊娠しておりました。
ずっとお兄ちゃんになりたがっていた息子も、とっても喜んでくれました。
わたしも久々の妊娠なので、ちょっと戸惑っております(笑)


つわりも前回と違って、食事の好みがかなり偏っています。
パンも食べれなくなってしまい…
というより、未だかつてないLOVE♡米となっております。


こんなもんだから当然作る気も起らず、いっそHBを買ってもらおうか。
「捏ねるとき腹圧かかるから~」
と言って、只今おねだりしているところなのです。



まだ調子のよかった時に作った、今年初山食。


キタノカオリにゆめちからをブレンドして作りました。
ホシノ丹沢と豆乳仕込みのいつもの山食。



いまいち窯伸びせず…。
裏山はなぜ???



思い通りにパン焼きができないわ~。


↓ランキングに参加しています



にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
JUGEMテーマ:手作りパン
 
15cmいった!?窯伸び〜
大掃除に年賀状。やることが山積みだけれど、毎日のパンは焼く!!
我が家の毎日のパンはやっぱり食パン♪

今回はいつものレシピで、春よ来とゆめちから半々でブレンドしてみた。
加水は70%(酵母含まず)とちょいと高めに。
それでもまだ増やせそうな感じだった。
ゆめちからの製パン性にはほんと感動する。


さて、一部剥がれてしまったのだけれど、久々に窯伸びしてくれた~



裏山も表山ほどではないけれど、いつも以上の窯伸び。


久々にオーブンにへばりついてしまったわ(笑)
どこまで伸びるんやー!!ってね。
15cm越えかー!?
って思ったけれど、久々に測ってみたら…



惜しい(´□`)
14.7cmでした。
でも窯伸び部分は4.5cmもあった~



クラムは大穴開いてしまったけれど、ふわんふわんなクラムだったよー



そして今回は実験的に焼成方法を変えてます。
するとおもしろい結果が(゚▽゚*)



ピキリが少ない…。
180℃で35分。
あまり焼きこまなかったら、こんな焼きあがり。

でも、このほうが息子は好きみたいです(^^ゞ


時間の関係で、寒い部屋で発酵させていたのが窯伸びの勝因???
また同じ条件で焼いてみないとわかんないな。



↓ランキングに参加しています



にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

JUGEMテーマ:手作りパン
 

忙しさにかまけて、テーブルを磨けていなかったこの1年…。
オイルを切らしていたからなんだけど、ようやく手に入れて磨きましたよ♪



いつもタダで譲ってもらっていたレモンオイル。
今回大ボトルで購入しちゃいました。
アロマ効果もあるオイルで、レモンのさわやかな香りがほんとに気持ちいい(=´▽`=)


カサカサだったテーブルもようやくツヤを取り戻して、写真うつりも良くなったかな?
久しぶりにいつもの山食
最強力粉のゆめちからを使っていろいろ焼いてみようと思ってる山食。
、の前にいつもの山食を焼いて感覚掴んでおこうと焼いてみた。



はるゆたかと比べたらキメの細かさは出ないけれど、
ふんわり黄身がかった甘みのあるクラムに仕上がるキタノカオリ♪
やっぱり大好き!!

豆乳効果でしっとり仕上がるんだよね~

*memo*
仕込水:水+豆乳70%(酵母ぶん含む)
粉:キタノカオリ100%
酵母:ホシノ丹沢8%
砂糖、バター6%、塩1.8%
焼成:180℃10分+200℃25分(うちスチーム6分)





我が家のオーブンはコールドスタートとの相性があまりよくなく(笑)
それとも見極めがうまくできてないからなのか、180℃でスタートが今のところ安定して焼ける方法。
表も裏も均等に窯伸び♪

ただ、最近ガバーっとした窯伸びが得られない…。
それは他に問題あるんだと思うけど、まあまあこんなものかなー。



最後に少し高温で焼きこむことでてっぺんのピキリが出てくれてるのかなー。
感覚だけれど(笑)


さて、これを基本にいろいろ試してみるぞ!
って、年末の準備が何もできてないが(´ε`*)



↓ランキングに参加しています



にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ 

JUGEMテーマ:手作りパン
 
ゆめちから山食とキタノカオリ山食
うわさの強力粉「ゆめちから」を使って山食を焼いてみました。
まずはブレンドせず、100%そのままで。


レシピはいつもと同じで、加水を3%増やしました。
それでも、まだまだ増やせそうなぐらい生地がしっかりしてる。
発酵完了の画を見てもらえればわかるかな?
まったくだれてない(´∀`)
まんまる♪


あまりの弾力に、パンチで生地を傷めてしまったみたいですが(・∀・;)


このゆめちから、なんと蛋白14.0±0.5%もある最強力粉の上をいく超強力粉だそうです�(`∀゚´*)オォ!!!
父に「キタノカオリ」をもっているということで、「キタノカオリ」でも山食焼いてみました。


(左)キタノカオリ (右)ゆめちから

期待したほど窯伸びはしていませんが、かなしいかなこれはわたしの腕です(ノД`。)
ブロ友naochiちゃんも「ゆめちからブレンド」で山食焼いてるけど、見事な窯伸び~!!



肝心のクラムはというと…



(上)キタノカオリ (下)ゆめちから

やっぱりキタノカオリは黄みがかってるね♪
ゆめちからは白い~

単純に比較できるものじゃないけれど(腕によるところが大きいからネ…)、
ゆめちからのほうがキメ細かく仕上がりました♪


食べてみたら、なるほど!!
もっちり感があります(・∀・)
これはトーストして、バターをのっけて食べたい感じのパンだな。


次はブレンドして挑戦してみよう!!


↓ランキングに参加しています



にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

JUGEMテーマ:手作りパン
 
コメント:超強力粉だそう。蛋白14.0±0.5% 灰分0.60±0.03%

山食@ホシノ丹沢
自家製酵母にちょっと疲れてしまい(笑)、今回は初使用のホシノ丹沢酵母に挑戦してみた。



仕込水:水と牛乳半々で62%
粉:春恋ブレンド

久しぶりにホシノでパンを焼くから、ちょっとビビって、ホシノ丹フラのレシピより加水低め。
こね具合からいつも通りの加水で大丈夫な感じがした。




翌日撮影のしっとり山食なのに、てっぺんもピキッてて、安定感抜群だわ(^^♪


ホシノはやっぱりお手軽♪
なのに、自家製酵母のようなおいしさが得られる!!
万能酵母ですね。


↓ランキングに参加しています



にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

 JUGEMテーマ:手作りパン